So-net無料ブログ作成
検索選択
テントのある風景 ブログトップ
前の10件 | -

origami-69 [テントのある風景]

a11252255.jpg

富士の麓、やまぼうしキャンプ地での夜のテント風景。
「なぜそこに日本人」という番組で使用したいとご連絡をくださり
無事にOAされておりました。

制作会社からのご依頼で、後日番組のダウンロードをもらえました。
ヒマラヤかどこかで、死に別れた旧友との山登りの思い出を回想する挿絵でした。

そういえば最近、テントも張っていない、大好きな旅もできていないことに気づきました。

origami-36 [テントのある風景]

s-IMG_2124.jpg

シチュエーションによってテントを選択するが
基本一番安心できるのが、このスノーピーク社製のテント

寝室スペース、前室ともそれなりに確保されており
テント生地もやや厚めで自立する

もちろん一人でも楽に設営できる点を考えると
王道的なテントです。

ただ友人たちとのキャンプだとどうしても寝るだけテントの方が
楽なので、設営する機会は限られる

設営は晩秋~冬の間かなぁ・・ 夏だとちょいと暑いんです。

origami-29 [テントのある風景]

s-P1000293.jpg

雪に埋もれつつあるテント
雪道ではありえない2駆&ノーマルタイヤ
決して溶けることの無い・・林道の凍りついた登り坂

全く気にしていない無神経な私。

さて・・ ここで問題。

私はどのように帰宅できたでしょうか?

① タクシー
② 自動車を置いて電車
③ 通りすがりの軽トラに坂道を引っ張ってもらった
④ JAF
⑤ 強引に

意外と雪中キャンプは温かでした。


origami-25 [テントのある風景]

s-IMG_0845.jpg

私はイモムシと名付ける
友人にはモスラと言われた。

スウェーデン製のヒルバーグ社のテント
9万円近くもしたというのに・・ イモムシやモスラというネーミングが
ピッタリ過ぎて・・。

軽くて雪には強いテント
前室も広いが自立はしないのでペグダウンする必要がある。

ちなみにイモムシやモスラのように動くことは無い(たぶん)

テントのある風景-23 [テントのある風景]

164.jpg

手前のテントが私のテントです。
コールマンファッドx3というテントです
寝室スペースの前に雨でも濡れないように前室が確保された設営も楽なテントです。

写真中央スペースがリビング
ここで延々と語らい調理楽しみ飲んで食べて過ごします~

「キャンプにスパイスを」の料理たちはここから生まれて私たちのお腹へ消えて行きました・・・(笑)



テントのある風景-22 [テントのある風景]

119.jpg

「夕暮れ」

私はテントを人々と離れて張る習性がある

孤独を趣味にしている訳でもないが
遠い誰もいない場所にテントを張るにはひとつ理由がある

スライムのようなテント
私の愛すべきモンベルのテントだ
テントはいくつも持っているくせに
いつも車に積んでいるのはスライム君。


184.jpg

スライムは呼吸する
テントに命が宿る・・・そんな星降る夜に。

IST-116 [テントのある風景]

1458.jpg

過去に何度かたった一人。

たった一人で誰もいない牧草地で
テントを張りました

気の合う仲間とよくキャンプをします

それでも、ごく稀にたった一人
そしてできる限り誰もいない場所でテントを張って
過ごします

日常生活では決して味わえない何かへの畏怖や
自然の中に溶け込めるような一瞬が忘れられません。

テントのある風景-21 [テントのある風景]

000254.jpg

「私は臆病で怖がりな人間です」

そんな人間が全く誰もいない場所で
テントを1張り・・・

夜はとてもとても怖いです
なぜならば・・ 
「私は臆病で怖がりな人間」だからです。

もちろん幽霊が訪れることもそれよりも恐ろしい
人間が訪れることもありませんでした。

それでも小さな物音がするたびに小さな恐怖を覚えます。
「早く・・夜明けを・・」と切望します。

~ただ、空だけは満点の降り注ぐような星空なんですよ~




 
nice!(139)  コメント(24) 

テントのある風景-20 [テントのある風景]

IMG_2533.jpg

語り合いの後・・・

静かなテントのある風景に
ランタンだけが見守ってくれているようでした。

闇は決して悪いものじゃない
そんな闇を演出してくれる穏やかなランタンに
心奪われる・・ そんなキャンプを楽しんでいます。
nice!(162)  コメント(23) 

テントのある風景-19 [テントのある風景]

077.jpg

親父たちの夜は長い
語らいは緩やかで穏やかで
時に刺激的で

やや冷え込み始めた秋の夜には
傾けるグラスに熱燗を

焚き火の温かさを有り難く思える
季節が・・ 
また今年もやってきたようだ

2010.10.16
nice!(141)  コメント(26) 
前の10件 | - テントのある風景 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。