So-net無料ブログ作成
検索選択

think 2011 [IST]

s-008.jpg
<計画停電の中で>

18年前になるでしょうか

神戸市内で被災した時の記憶は消し去ることができません。
そして今年の大震災も生涯、消える事のない記憶
消してはならない記憶となりました。

継続的な支援をできることからやる2012年にするつもりです。

※ 2011年 皆様には大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
nice!(155)  コメント(63)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2011年「Last’Camp」-6 [キャンプ風景]

s-106.jpg

トマト鍋海鮮仕立て>


s-109.jpg


s-111.jpg

きのこを加えて・・・ 


s-116.jpg

ハート型のパスタが登場。
さすがに・・シェフは違う~


s-133.jpg

氷点下の中
焚き火の有り難さを痛烈に感じる真冬のキャンプ地


s-157.jpg


翌朝・・・
テントは凍りつく

s-166.jpg


前夜の鍋に豚肉を追加し
戴く朝食は・・ この上なく幸せな味がした。


・・・後記・・・

いつもなんであんなに寒い中キャンプをするのか?
と、自問自答することの毎回ではあるが・・・
寒さに耐えてでも、キャンプをする価値のある世界がここのフィールドです

機会があればここで落葉を踏んで、寝転がってみて下さい。

そして夜に上空に漂う星空と対峙してみてください。

テントを張って子供たちと夜空を眺めながら
都会では味わえない感動を共有すると、もしかしたら何かが少しだけ変わるのかも知れません。

<2011.12.17~18 千葉県ホウリーウッズ久留里キャンプ地>

※ このシリーズはこれにて終了となります。最後まで有難うございました。
年内は31日の更新で最後となります。
nice!(149)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2011年「Last’Camp」-5 [キャンプ風景]

s-147.jpg

私は星座に詳しくも無く
星空について詳しく語れる知識も無いが
星空が大好きだ

特に冬の空は空気が澄んでおり
都会では決して味わえない星空が
こういうド田舎のキャンプ地だと思い存分味わえる

少しは星空を学んで
この星はこうなんだよって子供たちに伝えたい気もするが
この星たちの全体が私は好きなんだ


s-153.jpg


今回も寝袋には助けられました。
しかしながら氷点下5℃の中では顔がとてつもなく寒かった・・・
顔ごと寝袋に収まったがそれでも、寒かったです。

翌朝テントは氷つき、テント前室のスペースの水には氷が張っていました。

とてつもなく寒かったけれど
ようやく朝が訪れて・・・ 暖かな太陽の光がこの森に差し込み始める時・・

<2011.12.17~18 千葉県ホウリーウッズ久留里キャンプ地>

※ 次回でこのシリーズ最終回となります ※
nice!(141)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2011年[Last’Camp」-4 [キャンプ風景]

s-124.jpg

「夜」

すでに-1℃まで下がる中
テントと木々の向こうに見え隠れする星空を撮影した


s-142.jpg

凍えるような中
焚き火で暖をとり
日本酒を熱燗にする

キャンプストーブの上にカップをそのまま載せて温める


s-128.jpg


飛行よ飛行よ・・

上空に散りばめられた星たちと
その空間を急ぎ足で過ぎ去る飛行機を眺めながら
冬空の美しさに改めて感動する。

<2011.12.17-18 千葉県ホウリーウッズ久留里キャンプ地>



nice!(149)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2011年「Last’Camp」-3 [キャンプ風景]

s-087.jpg

穏やかな夕刻の終焉は実に早い・・・
夕陽は一瞬のうちに彼方に消え去ると
寒さの底と言われる世界が、見え隠れする

このような写真の一瞬が好きだ。
焚き火を囲みランタンに囲まれひとつの輪になって
キャンプという異空間をみんなで共有する。

真冬のキャンプは寒さも重なり、世代を超えて何かを「共有」できる
そんな世界を体験できるのが不思議だ。

<2011.12.17~18 千葉県ホウリーウッズ久留里キャンプ地>


ちなみに・・・お昼に食べたもの~

s-011.jpg

さすがシェフでございます・・・
シンプルダッチオーブンで蒸しただけですが
こういうのを買ってくるところが難いなぁ・・ 

s-041.jpg


だご汁を戴きました。
だんごも手作りで、寒い中戴くだご汁はほんと絶品でしたよ~
もちろんおかわりしました!




nice!(148)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2011年「Last’Camp」-2 [キャンプ風景]

s-005.jpg

落葉とテントの色がまるで同化するような
そんなスノーピークのテントを使用する


s-007.jpg

スクリーンタープは使用しない
落葉に包まれて、その雰囲気を毎回思い存分味わうんだ
イコール・・寒さに耐えねばならない。


s-054.jpg

落葉の上に寝転がってみた

パリパリっという枯れ葉の音と共に
体が沈みこむ感覚・・またここでキャンプができることを有り難く思う。

<2011.12.17~18 千葉県ホウリーウッズ久留里キャンプ地>

※ ちなみに焚き火は直火がどこも禁止になっております。
地面への悪影響と当然ながら火事に繋がりますので・・ 焚き火台を使用します。
nice!(139)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2011年「Last’Camp」-1 [キャンプ風景]

s-056.jpg

寒さの底と言われるこの週末に
毎年恒例の最後のキャンプをしてきました

予想通りテントは氷つき
温度計は-5度まで下がりました。

焚き火で暖をとっても寒い。
とにかく寒い2日間でしたが
落葉を踏みしめる音と色と感覚に感動した2日間でした。

そのレポートを数回にわけて今後アップしていきます。

<2011年12月17~18日 千葉県ホウリーウッズ久留里キャンプ地>
nice!(157)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「序章」 [キャンプ風景]

s-035.jpg

<2010年12月末>

もうここ5年
12月のクリスマス前に
同じ場所で、キャンプの締めくくりを仲間たちでする

その場所は千葉県の房総半島にある
落葉と腐葉土の絨毯が一面に広がる大切な大切なキャンプ地だ
枯れ果てた木々が立ち並び
踏みしめるその足元は歩くたびに沈むくらい
腐葉土と落葉の重なりが存在する

私は完全に枯れ果てた木々と落葉のこの場所が
一番美しい世界だと思っています。

今週末にこの場所へ訪れます

寒さの底を迎える土曜から日曜みたいですが
今年最後の小さな冒険に出かけてきます。

※ 週末までご訪問が遅れると思います。


nice!(165)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

IST-132 [空の風景]

s-049.jpg

皆既月食のこの日
一番驚いたのは・・ こんな田舎街にこんな夜更けに
真っ暗な中に十数人の人間に出会ったことだ

s-022.jpg

もうひとつ驚いたのは
こんな夜中に三脚とカメラを持って歩いていても
誰も不審に思っていないことだ。

月の赤茶けた色が続くおよそ50分間を
あんぐりと見上げながら・・2011年の終わりを過ごした
nice!(154)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

火の鳥 [幻の風景]

s-047.jpg


火の鳥に出会った2011年正月に

再び出会うことができた

小さな火の鳥よ、小さな火の鳥よ。


どうかその美しい姿を私に見せておくれ

全身が黄金色に覆われて 羽根を煌めかせる

火の鳥よ
 

私はまだ本当のあなたの姿を見たことが無い

いつの日か 飛び立つ黄金の羽ばたきを 

一瞬でもたとえ幻だとしても 見せておくれ

nice!(181)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。